about

「めんたいぴりり」のオリジナルグッズショップです!

【めんたいぴりりとは?】
テレビ西日本開局55周年記念ドラマ、優れたテレビ番組に贈られるATP賞(第30回)、ギャラクシー賞(第51回)奨励賞、日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞。

【ストーリー】
明るく太く生きた夫婦がいた ー

地元福岡出身の博多華丸と富田靖子がダブル主演!!
明太子を作った夫婦の笑いあり、涙ありの生きざまを描く、感動の物語。

【めんたいぴりり(2013年夏初回放映)】
あらすじ(第一部)
物語の主人公 海野俊之(博多華丸)と海野千代子(富田靖子)。日韓併合後の釜山の街で生まれ育ち、思春期に出会う二人。青春を謳歌し、大人になった二人は夫婦の契りを交わす。
二人の子どもに恵まれ幸せな日々を送る海野家であったが、まもなく第二次世界大戦の暗い影が家族を引き裂いた。戦地沖縄へ赴く俊之。異国の地 韓国で我が身を呈して子を守る母千代子。 やがて終戦。引揚船の中、千代子はわが子をその胸に抱き守り、命からがらまだ見ぬ祖国日本へ。そして、博多港での俊之との奇跡の再会を果たす ー

あらすじ(第二部)
日本へ帰国した俊之と千代子は博多にて食料品店「ふくのや」を経営するようになる。住み込みの従業員達や近所の人々、俊之が毎年参加する博多祇園山笠の仲間たちとのストーリー

【めんたいぴりり2(2015年春初回放映)】
あらすじ<前篇>
昭和33年、戦後の風景も消え行く中、博多っ子は西鉄ライオンズにのぼせていた。変わらず中洲の一角で食料品店「ふくのや」を営む海野俊之(博多華丸)と 千代子(富田靖子)のもとに現れたのは、亀山留吉(月亭方正)。戦後の闇市で世話になった亀山に頼まれ、俊之は「ふくのや」で働かせることに。しかしある 事情を抱えていた亀山は…。

あらすじ<後篇>
師走を迎え大忙しの「ふくのや」。俊之は七夕の様にクリスマスツリーに願い事を書いた短冊を飾るが、その内容に千代子は大激怒。夫婦げんかの末に、俊之は 家を出てしまう。そんな中、長男の健一(朝倉健太)の同級生・薫(八木優希)に起きた出来事をきっかけに「ふくのや」の面々が一致団結することに…。